ガラパゴスカンパニー

だったのかも知れない・・・

我らの会社は。

多少の独自性をだし、
隙間をついたビジネスでもあったので業績も悪くはなかった。

天敵がいない事での油断もあった。
そこは単に居心地の良い島だったのだ。


ところが、変化の波が襲ってきた。
予兆はあったはずなのに見て見ぬふりをしていた。


生命が生存できるか否かは
「変化に対応できるか否か」とダーウイン。


「変化と進化」

これが自分のキーワードでもあったはずなのに、
いざ「変化」に迫られると、もたついている自分がいた。



スピード最重要。

もっともっと行動しなければいけない。