中国問題再び

ーーーーーーーー

尖閣諸島沖の日本領海内で起きた中国漁船衝突事件で、
逮捕された中国人船長の拘置延長が決まったことを受けて、
中国の胡錦濤政権は、経済、軍事、外交の各分野で具体的な
対日報復措置の検討に乗り出した。

船長の釈放が実現するまで、タイミングをはかりながら、
報復措置を次々に打ち出し、「対日圧力」を強めていく方針。

ーーーーーーーー

やはり来たか・・

訪日観光需要による内需拡大は、多方面で期待が大きいだけに
訪日渡航自粛などが広がれば、問題は深刻。


問題とは、次から次へとよく起こるものだ・・

つくづくそう思う。

今、私が抱えている新しいビジネスネタも中国関連が多い。
さて、タイミングが難しくなってきた。

とは言え、国には毅然と対応してもらいたい。