安全対策と危機管理


以前聞いた話を思い出した。

ヨーロッパ製のバスは、走行中に万一横転した時でも、
乗客を守るために様々な対策が施されているのだそうです。

一方日本製のバスは、走行中でも横転しないための安全策に注力して
「絶対に横転はしない」というのがポイントなのです。

こうした基本概念は、すべての製品に当てはまるようです。



「絶対に安全・安心だから大丈夫!」



「絶対に大丈夫」なんて、そんなことがある訳がないと、
今回の福島原発の一件をみても証明された。


得てして「想定外」の出来事はおこるのです。
問題は、「想定外」の自体が起こったときの対応です。

今回原発事故では" 危機管理 ” が重要でした。

日本人はそれが苦手な民族なのでしょう。


すぐに右往左往してしまう対処する側

すぐに責任論を語り犯人捜しをするマスコミ


映画に出てくる主人公が如く、
こうしたときにこそ、強いリーダーシップを持ち
決断できるリーダーが欲しいものです。


「今自分たちに何ができるか?」

僕の選択肢は、仕事をします!

みんなが仕事をする、それ以外の復興策はないと思うからです。