市場シェアが圧倒的な

企業様が札幌にあります。
仮にA社様とします。

A社のB社長とも面識がありますが、
とても素晴らしい人格者です。

「隣の畑は青く見える」とはよく言いますが、

また、この様な思考は禁物ですが、

A社さんを見ていて、
「ビジネスは安泰で、羨まし~」
と思っていました。


ところがどんな状況でも、悩みはつきもの。

オンリーワンビジネスで、
市場シェア90%を超えるが故に問題もあるとか・・・

たとえば、

「もうこれ以上伸びしろがない」
克つ
「経済全体が縮小しているので、相対的に売上もさがる」

他社市場がないので、奪い取る需要もない。


なるほど、

当社の場合の、北海道の広告市場に対する市場シェアは
0.1%ですから、まだまだ頑張れる余地はある。
 
少なくとも理論上はそうなる。
可能性もあるということ。

この場合A社さんは、道外・海外など新しい市場を探すしかないのだが、
それも訳あってできないらしいい。


いずれにせよ
経営に悩みはつきもの・・・

ということになります。