「今は厳しいですからね、広告は一切止めました」

「予算が全面的に縮小され、広告予算を全てカットされた」

なるほど、頻繁に伺うお言葉です。


それぞれの企業様に、
それぞれの考え方と財務状況がありますので、
特にコメントはございません。


翻って弊社の考え方です。


弊社では、

「広告費」は「将来への投資」という位置づけです。

弊社の場合は、新卒採用に「毎ナビ」というWEB媒体に
掲載しておりますが、新卒採用費は、
広告費として将来投資だとも考えております。

多くの学生達が、弊社のWEBを訪れてくて
弊社の考え方やサービスを研究してくれる。

実際に弊社にお迎えできる学生は一握りですが、
そう言った学生の皆様が、どこかの会社で働き、
数年後活躍しているビジネスパーソンになってくれています。

その方々に対する、宣伝効果を期待しています。

ですから、お金を掛けないで募集する方法もございますが、
弊社にとっては大きな予算を投下して、媒体を活用しています。

この広告費は
弊社売り上げ額の1~2%です。


一方、
「販促費」は「売り上げ拡大の為の必要経費」という位置づけ。


今期は、年間売り上げ予算の5%弱くらいを想定しております。
非常にチャレンジングな予算です。

カタログ制作や、DM、WEB、メルマガ、セミナー開催等々
につぎ込みます。


正直申しますと、経営者としては苦しいです。

しかし、

「景気の回復を待って、今は規模縮小でおとなしくしている」
という、戦略が正しいのでしょうか?

「景気は良くならない、生き残りのキーワードは、シェア獲得」

こうした持論から故の、戦略です。


お客様とも、ぜひご一緒に挑戦していきたいです。