早稲田 斎藤佑樹の経済効果

早稲田の斎藤佑樹投手(22)が昨日(2010年12月6日)、
北海道の日本ハムと仮契約した。

契約金は1億円、年俸はルーキーの上限である
1,500万円プラス出来高払い5,000万円という契約内容。

宮本勝浩・関西大学大学院教授がはじき出した経済効果は


なんと52億円!

内訳は観客数の増加が約21億円、
キャンプ・オープン戦約7億円、
グッズ売り上げ・広告収入などが約9.5億円、
その他の波及効果が約14.5億円。

だそうだ。


厳しい北海道経済を考えると朗報ではある・・・

しっ しか~し・・・

我ら北海道のビジネスパーソンは、たった一人の若きスター選手に
一喜一憂してる場合ではない!

喜んでいる暇もないはずだ!!

自力で独自の道を切り開き、
他県に負けない強さを身につけよう!