本質の追求


私はスキー教師を25年続けています。

様々な技術レベル・年齢の生徒さんを指導させて頂きましたが、
今日はその経験から学んだことを少しだけ・・・


例えば、レッスンカリキュラムの一つにストックを外して
手ぶらでスキーを滑ります。

もちろん目的があります。

ですが、その目的をキチンと持って指導しないと、
或いは、生徒さんに指導の目的を伝えて行わないと、


””手ぶらで上手に滑ることが目的になってしまいます。””


本来はそうではありません。

私の場合は、このような目的です。

ストックを外すことで、体のバランスを取りにくくなり
肩・腰を回して(振って)滑るようになります。

これをローテションといいます。

この時顕著に表れる「ローテション」こそ、
その人の普段からの悪い癖で、これをはっきりと顕在化
させることが出来ます。

私はこのように目的を持ってレッスンを行い、
生徒さんにも事前に伝えています。


本質を理解することが重要です。


では一方、営業職の本質とはなんでしょうか?

・お客様の話を聞いてくること
・お客様の欲求をつかんでくること
・お客様の課題を共有してくること

この辺が土台としてあって然るべきです。


そして次には、
お客様に「応え」を出すこと。

この繰り返しで今までやってきたし、伝えていきたい。