「頑張ったからこその幸運」

多くのビジネスパーソンなら
皆さん理解していることではあります。


最後にもう一件、顧客を訪問してみよう!

もう一回、プランを練り直して提案してみよう!


こんな努力の積み重ねが幸運を呼ぶ。
運不運で、ビジネスの成功・失敗が決まる訳がない。

さて、どの様にすると、
この最後のもう人踏ん張りを、次世代を担う若い人々の
習慣となるべく、理解して頂く事が出来るのだろうか?

目下の悩みでもある。


それを個人の能力として期待しないで、
しっかりとマネジメント(=成功するための仕組み作り)を
行うことが重要なのか・・

人間の成長と可能性を信じて、
成功体験を元に、理解~習慣化させる努力が大切か・・


果たして、その両方をバランス良く行うことにあるのか。


いずれにせよ、
キーは「成功体験」にありそうだ・・

「成功体験」を共有して、全員で喜びを分かち合い、
競い合える環境を整えたい。