SAPPORO ADC(札幌アートディレクターズクラブ)を
ご存じだろうか?

参考までに、以下は公式サイトからの紹介抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SAPPORO ADCは、北のクリエイティブシーンを
クリエイター自らが熱くしていく「クリエイターの課外活動」


さまざまなメディアやフィールドが加速度的にクロスオーバー
していく時代。 従来型の狭い専門分野の枠を越えてクリエイティブ
という大きなくくりでさまざまなジャンルのクリエイターが集まり、
自ら「知る機会」「もまれる機会」「きたえる機会」「発表する機会」
をつくろう。そんな声が高まって、2001年札幌アートディレクターズクラブ
は生まれました。

クリエイターが
個人の資格で参加・運営する会員組織


札幌アートディレクターズクラブ(Sapporo ADC)は
様々なジャンルのクリエイターが個人の資格で参加・運営する会員組織。
クリエイター自身の制作者としての自己啓発や意識向上、
レベルアップを目的に互いに切磋琢磨し刺激を与えあう機会や場
を創出する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とある。


当該団体のメインイベントが

Sapporo ADCコンペティション&アワード2010
で、9/18~19で開催され、本日は私も見てきた。

個々のレベルは非常に高く、素晴らしい作品ばかりと関心。

一方、出展作品の多くは「自主作品」と記載がある。
つまり、ビジネスとして世に出されたモノばかりでは
無いと言うこと。

学生の作品応募は不可なので、どの自主作品もみなプロの
モノばかりではあるのだが・・・

クリエーターのモチベーションがこれほど高いのなら、
その活動の場=ビジネスの場が、もっと欲しいだろうにな~

逆に我々は「クリエイティブ」という、客観的価値基準
がなく、主観的な評価に終始しがちなこの商品(=サービス)
をどの様に顧客にアピールしていけば良いのだろうか?

写真は参考までに。

t02200164_0800059810755648788